100均のお弁当箱で簡単、水耕栽培!!【ベランダ菜園】

前回ブログで紹介した水耕栽培は、レタスを苗から育ててみよう!!という内容でしたが、今回は、水菜をタネから水耕栽培で育てていきたいと思います(^^♪
なるべくお金をかけずに、100均のアイテムをできるだけ使いながら、簡単に野菜を育てていく方法を紹介します!!

 

ポイント1・・・水耕栽培に必要な道具を準備しよう

まずは、水耕栽培に必要な道具を準備していきましょう!!土は用意しなくてよいので、100均などで育てたい容器などを揃えるようにしましょう(*”▽”)

  1. プラスチックのお弁当箱
  2. 食器洗いスポンジ
  3. リサイクル紙ポット
  4. アルミ箔シート
  5. 育てたい野菜のタネ
  6. キッチンペーパーまたはトイレットペーパー

 

1.プラスチックのお弁当箱
100均で買ってきた、赤と白の可愛いコンパクトなお弁当箱を用意しました!!
野菜のお弁当箱が作れたら、とっても素敵だなと思ったので、小さめなお弁当箱を(*”▽”)
皆さんも、水切りトレイや気に入ったプラスチックトレイを用意してくださいね♪赤色と白色の100均の可愛いお弁当箱

2.食器洗いスポンジ
100均で重宝するといえば、この食器洗いスポンジではないでしょうか(‘ω’)ノ
水耕栽培でよく使うので、大きなスポンジを用意しましょう!!
100均の食器洗いスポンジ

3.リサイクル紙ポット
こちらの紙のポットは、スポンジを中にセットして安定させるために使用します!!
水耕栽培以外にも、土に植える前に発芽させるために使ったりと、様々な用途で活かすことができます。
100均の紙ポット

4.アルミ箔シート
発芽後、日光に当てていく際に、藻対策の遮光用として必要になります!!大容量なので、1度買うとしばらく買わなくて済みます♪
100均のアルミ箔シート
5.育てたい野菜のタネ
冬に重宝する水菜を育てていきたいと思います!!それぞれ季節によって、最適な野菜を選ぶようにしましょう♪
用意したのは「サラダ京水菜」です。サラダや一夜漬け、お鍋などに最適です(*”▽”)
サラダ京水菜のタネ

6.キッチンペーパーまたはトイレットペーパー
発芽するまでは、タネの上からかけて水分を切らさないようにする為に、必要なアイテムです!!
100均のペーパーナプキン

ポイント2・・・実際にタネまきしてみよう

それぞれ道具が整ったところで、さっそくスポンジにタネまきをしていきましょう(‘ω’)ノ

ますば、お弁当箱の中にスポンジを安定させる為の、紙ポットをセットしていきましょう!!
100均の紙ポット
お弁当箱のサイズに合わせて、何個入りそうか、確認しながらカットしていきます。
このままでは、少しサイズオーバーなので、角などをカットしていきます。
お弁当箱にセットした紙ポット

また、高さも紙ポットの方が高いので、フィット感がありません(*_*;
紙なので水ですぐに柔らかくなるので、底の部分を少し濡らすと簡単に指でつぶせます!!
水で濡らして高さを調節した紙ポット
ピッタリとフィットするまで調整していき、すっぽり収まったら、完成です(*”▽”)
お弁当箱にピッタリフィットした紙ポット

次は、スポンジを準備していきます!!
紙ポットのサイズに合うよう、スポンジの角をはさみでカットしていきましょう。
角をカットしたスポンジ
切り落としたスポンジのくず
角が取れたら、お弁当箱の中に水を入れ、スポンジに十分しみ込ませます♪
スポンジに水をしみ込ませている様子
スポンジが水を十分吸ったら、紙ポットの中に入れていきます。
ここでタネをセットしていくのですが、そのままスポンジの上に乗せてしまうと、コロコロと転がって落ちてしまったり、スポンジの中に根っこが入りにくいので、あらかじめはさみでスポンジに切れ目を入れます。
切れ目を入れる事によって、スポンジの中に上手く根っこを伸ばしていってくれます!!
先ほどはさみでカットした切れ目の中に、丁寧にタネを入れていきます(*´з`)//
お弁当箱の中にセットしたスポンジに水菜のタネをまいた様子
ここまで出来たら、次はキッチンペーパーやトイレットペーパーなどを、上からかぶせて水で湿らせます。
こうすることによって、水分が乾きにくく、発芽しやすくなります(‘ω’)ノ
水分がなくなってしまう前に、霧吹きなどで小まめに水をあげましょう!!
この状態のまま、日光が当たらない場所に置いて、発芽までしっかりとお水の管理をしましょう(^_-)-☆
スポンジの上に水で濡らしたペーパーをかけた様子

ポイント3・・・発芽した様子をみてみよう

タネをスポンジにセットしてから、3日後に発芽しました(*^▽^*)
下記の画像は、発芽からさらに3日後の様子です!!
長いものでは、すでに2センチ~3センチに成長しており、驚きのスピードです(‘ω’)ノ
水耕栽培のスポンジから発芽した水菜の芽

まとめ

水耕栽培は、お水(液体肥料)とたっぷりの日光で、土を使わないので簡単にできる野菜の栽培方法のひとつです!!
秋や冬にタネをまく場合は、比較的水が乾きにくいので、朝か夜に1回程度でも、十分に発芽します(*”▽”)
あともう少し発芽したら、この後は明るい場所に移して、お弁当箱の中のスポンジの半分の高さくらいまで水を入れます!!

根っこがスポンジの中に伸びてきて、双葉になったら日光にしっかり当てていきます(*^▽^*)/////
約2週間で、定植可能になる苗に育ちます!!
野菜のお弁当箱になるまで、しっかりと育てていきましょう(*´ω`*)

プランターからはみ出すほど成長したはつか大根野菜の防寒対策、ビニールと不織布はどっちがいいの?【10月・11月編】

収穫したはつか大根(ラディッシュ)はつか大根(ラディッシュ)をベランダ菜園で栽培&収穫!!

関連記事

  1. しっかり育ってきたレタス

    土で育てる場合と水耕栽培では、どっちがいいの?【…

    現在、プランター栽培と水耕栽培の両方で野菜を栽培していますが、育て方や肥料・…

  2. 収穫したサニーレタス

    水耕栽培に移植したサニーレタス、収穫してみよう♪…

    真冬の野菜栽培って、なんだか難しそうと思っている方も多いのではないでしょうか…

  3. スポンジにセットしたサニーレタスの株

    サニーレタスの苗を水耕栽培に移植してみた♪

    サニーレタスをたくさんタネまきし、とても密集しているので、別のプランターにも…

  4. ハイポネックス原液とペットボトルに入った2リットルの水

    【水耕栽培】液体肥料を間違えて、野菜が大きくなら…

    水耕栽培で苗からレタスを育てていますが、ん~~、中々大きくなりません(*_*…

  5. プランターに移植した水耕栽培のレタス

    水耕栽培で育てていたレタスを土に植え替えました♪…

    水耕栽培は初めてのチャレンジで、レタスを育てていたのですが、どうもうまくいか…

  6. だんだん大きくなってきたサニーレタスのタネ

    水耕栽培でタネから育てているサニーレタスを観察し…

    先日から始めているサニーレタスの水耕栽培ですが、タネまきをしてから約10日経…

  7. タネが定植したスポンジをアルミ箔シートで巻いていく様子

    お弁当箱で始めた水耕栽培!!芽が出て次の工程に!…

    前回、100均のお弁当箱を使った水耕栽培で、水菜のタネをまきました(*^▽^…

  8. プラコップにセットしたレタスの苗

    誰でも簡単手作り水耕栽培!! 内容更新しました(…

    誰でも簡単にベランダで、なるべくお金をかけずに水耕栽培を楽しんでみませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プランターに植えた白菜の苗
  2. しっかりと使っていい色合いの自家製梅干し
  3. ベランダ菜園のプランターで収穫したきゅうり
  4. 手のひらサイズのきゅうりの実
  5. きゅうりの苗に支柱を固定した様子
PAGE TOP