植え替えたばかりの野菜が枯れてしまった【プランター菜園】

先日はつか大根の芽がたくさん出たので、間引きをし植え替えを行ったのですが、枯れてしまいました・・・((+_+))
何が良くなかったのか、自分なりに調べたので初めて間引きや植え替えをする方は、参考にしてみてくださいm(__)m
間引きと植え替えをした様子は、こちらからご覧ください!!「はつか大根の芽が出たら間引いてみよう!!【プランター菜園】」

 

 

チェック1・・・枯れてしまった様子

間引きをし植え替えをしてから、2日経った様子です。
こちらは、元からはつか大根を植えていた大型プランターの中の様子です。少し倒れている芽もありますが、しっかりと定植していて元気いっぱいです!!

大型プランターに植えたはつか大根

次は、間引いた芽を、別のプランターに植え替えしたものです。植え替えをした直後は、こんなに元気だったんです!!↓

プランターに植え替えたはつか大根の新芽

2日経つとぐったりしています。一部枯れてものもあります( ;∀;)
ぐったりしているはつか大根の芽

残りの3つのプランターも、同じようにぐったりして今にも枯れそうな状態です。水分をうまく吸い上げていないのか、カピカピになっています。

枯れてしまったはつか大根の芽

 

チェック2・・・上手く植え替え出来なかった原因

たくさん間引いたので、元気いっぱいのまま植え替えをしましたが、2日程でほとんど枯れてしまい、このまま育つという可能性はなくなってしまいました( ;∀;)何が良くなかったのか、色々と調べると思い当たることがありました。

  1. 水分が十分ではなかった
    植え替えをした直後にお水をたっぷりあげたのですが、確かに表面はしっとり濡れていましたが、風も強かったため、すぐに乾燥していました。乾燥に気づいてお水をあげていましたが、表面の部分しか水がなく、中までしっかりと水分が行き渡らなかったのが、原因のひとつとして考えられます。
  2. もしくは、水を与え過ぎていた
    色々と調べていると、植え替え直後にあまりにも大量の水を与えると、根っこが弱っているので、水分を吸収できず、逆に根っこを腐らせてしまう場合があるとのことが分かりました。
    またグッタリしていて元気がないので、水分が足りないのかな?と思い、プランターの下から水が出てくるくらいあげたりもしたので、逆に悪循環に陥り水のあげ過ぎが原因だったとも考えられます。
  3. 植え替えをした土の準備が出来ていなかった
    種まきの際は、プランターに土を入れてからそのまますぐに種まきをし、何日か後に芽が出てきましたが、今回の場合はすでに根っこがある状態での植え替えです。培養土は最初に使用したものと同じ培養土を使っています。ですが、種まきの時点から何日も経過し水や日光をたっぷり浴びた培養土と、袋から出したばかりの培養土では、中の成分などが水などで薄くなったりとうまい具合に混ざりあっておらず十分に溶ける前に、「濃い状態のまま」植え替えをしたので、根っこを痛めてしまったのが原因かもしれません。
  4. 天候が悪かった
    植え替えをしてから、ずっと曇天で曇り空でした。日光がほとんどない状態だっので、日光不足という点も、考慮し植え替えする日を選んだ方が適切かもしれません。

 

植え替えをしたプランターの中の培養土をスコップで掘り返してチェックしてみました。
2番目くらいに元気がなくなったプランターは、土の中の水分量が多く、びちゃびちゃになっていたので、水の与え過ぎだった可能性が高そうです。

プランター内の土をスコップで掘ってみた様子

次に最初に枯れていったプランターの中の土の様子は、表面は水分がありましたが、中身はカピカピになっていたので、水分が十分ではなかった可能性が高まりました。

プランター内の土をスコップで掘ってみた様子

 

まとめ

土の中をしっかりと調べてみましたが、水分が足りているプランターと足りていないプランターがあり、上手く植え替えができなくて、とても可哀そうなことをしてしまいました(;_;)
最初のタネのまき過ぎから始まったので、間引きはしなくてはならない作業ですが、なるべくタネをまく段階で、まき過ぎ等に注意しながら野菜を育てていった方が、
効率の良い菜園ができると思うので、今回の反省を活かしながら、楽しく大きく美味しく野菜を育てていきたいと思います(*^▽^*)

タネまきをする際は、「簡単!!余ったタネの保存方法!」を参考に、くれぐれもまき過ぎには注意して栽培していきましょう!!
植え替えをするという場合は、上記の点を参考にしながら、作業をしてみてくださいね(*´▽`*)

しっかりと遮光用のアルミ箔シートをセットした水耕栽培のレタス水耕栽培で藻が発生した時の対処方法【ベランダ菜園】2020/10/6更新

しっかり育ってきたレタス土で育てる場合と水耕栽培では、どっちがいいの?【ベランダ菜園】

関連記事

  1. きゅうりの苗に支柱を固定した様子

    きゅうりをプランターで育ててみよう♪【植付け編】…

    きゅうりは、夏にはかかせない、野菜ですよね(*''▽'')♪スーパーでは…

  2. 内側に結球してきたレタス

    プランターでレタス栽培!!成長を観察してみよう!…

    レタスって、畑で栽培しているイメージですが、プランターでもしっかりと育てるこ…

  3. レタスの苗

    ベランダ菜園種まきしてみる!!

    ベランダ菜園をしたいということで、プランターや培養土の準備はバッチリなので、…

  4. 不織布の防寒カバーをかけたプランター菜園

    冬の厳しい寒さから野菜を守ろう!!不織布編【ベラ…

    プランターなどで野菜を育てている際の防寒対策って何かしていますか|ω・)…

  5. 間引きをしたサニーレタス

    寒い冬でも順調♪サニーレタス栽培!!

    真冬の野菜栽培って、とても大変そうに感じませんか??ですが、しっかり…

  6. サラダ京水菜のタネ

    サラダ京水菜は連作出来る?!収穫後に2回目の種ま…

    サラダ水菜といえば、畑栽培はもちんのこと、プランターで栽培出来る野菜として、…

  7. プランターで栽培しているアップルミント

    冬でもしっかり発芽します!!栽培中の野菜を観察【…

    12月に入り昼間でも空気が冷たく、寒くなってきました(*^-^*)そんな…

  8. 大きく成長してきた無双白菜

    夜のベランダ菜園観察ツアー!!すき間時間を有効活…

    昼間にお仕事をしながら、家庭菜園を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プランターで栽培するブロッコリー
  2. プランターで育てるサラダ京水菜
  3. プランターに植えた白菜の苗
  4. しっかりと使っていい色合いの自家製梅干し
PAGE TOP