土って繰り返し使えるの?!収穫後に違う野菜を育ててみよう!!

家庭菜園をしていると、どうしても気になるのが、野菜を育てている培養土って、繰り返し使えるのか?という疑問が出てくると思います|ω・)
特に、マンションやアパートなど、土を中々処分しずらい環境で育てている方、育ててみたいけど、土がどうしても大変そうと思っている方も多いのではないでしょうか。
プランターを使い野菜を育てる場合は、必ず培養土が必要です。
手袋をした手で土を持つ様子
土を処分できる環境であれば問題ないことが、お住いの自治体によっては、捨てる際に費用が掛かったりする場合もあると思います。
培養土が繰り返し使えたら、費用も抑えられるし処分にも困らない」ほうが、これから家庭菜園を始めたいと考えている方も、チャレンジしやすいですよね(*´▽`*)
そこで今回は、ラディッシュを育てた培養土をそのまま使って、サニーレタスを育ててみたいと思います!!

ラディッシュの連作については、こちらから→「ラディッシュの連作出来るの?!収穫後に2回目の種まきをしてみよう!!

 

 

チェック1・・・準備する道具

まずは、必要な道具を準備していきましょう!!

  1. くん炭・・・排水・通気性を向上させたり、土をふんわりとさせてくれる力があります。また有害物質を吸収してくれるので、土壌改良に適しています
  2. 元肥・・・マグァンプKは、土に混ぜ込むタイプの元肥で、栄養がたっぷりの肥料です
  3. 野菜のタネ・・・サニーレタスのタネを用意しましょう

 

チェック2・・・土の改良

今回は、はつか大根(ラディッシュ)を栽培していた大きいプランターを使って、サニーレタスを育てていきます(*^▽^*)
一度使うと、栄養素がなくなっていたりするので、ちょっとだけ手を加えて改良していきます。
まずは、ラディッシュを全て収穫しますが、草が生えていたら、丁寧に抜いていきましょう!!他にも落ち葉が飛んできていたり、ゴミがある場合も取り除きます。
大型プランターに入れてある培養土
培養土の中には、雑草やラディッシュの根っこがたくさんあるので、まずは表面の雑草を取り除きましょう!!
その後は、スコップで培養土を掘り返し、大きい根っこは取り除きましょう。
プランターから除去した雑草や根っこ
前回した土の改良では、新聞紙を使い一度天日干しをしましたが、今回はなるべく作業をしない方法で、していきましょう!!
まずは下の培養土もしっかりとスコップでかき混ぜて、空気を含ませてあげます。

しっかりとかき混ぜたら、くん炭と肥料を入れていきます。通気性などを良くしてくれ、有害物質も吸収してくれるので、土壌改良に最適です(^^♪
適量を入れます!!
手のひらに乗せたくん炭
炭の良い匂いがします(*”▽”)
培養土の上にまいたくん炭

次は、栄養がたっぷりの元肥を入れましょう!!こちらは、手で一掴みして入れます。これを入れる事によって、失われた栄養素を補うことができます。
手のひらに乗せた元肥
土の上にまいた元肥
ここから、スコップや軍手をはめて、底からしっかりと混ぜ合わせていきましょう(*^▽^*)//
培養土をしっかりと混ぜていく様子

 

チェック3・・・タネまき

土の改良が終わったら、タネをまいていきます(*”▽”)//
今回は、はつか大根(ラディッシュ)を育てた培養土の後に、サニーレタスのタネをまいてみたいと思います!!
サニーレタスのタネ
袋を開けてタネを確認。サラダレタスミックスと同じで、ちょっと細長くてサラサラとしたタネですね!!風で飛んでいきそうな位軽いので、タネまきをするまで、飛んでいかないように気を付けましょう(*^^)v
細くてサラサラしたサニーレタスのタネ
プランターにまいていくのですが、全てまかずに適量にしましょう。
あまりまき過ぎると、密集して日光が当たりにくくなり、生育状況が悪くなるので、プランターの大きさを考えてまくようにしましょう(^_-)-☆
タネがたくさん余るのですが、適切に保存すれば、収穫後にまた使えるので、しっかりと保存しましょう。
タネの保存方法はこちらから→「簡単!!余ったタネの保存方法!

なるべく重ならないようにまくのは、結構難しいです(*_*)なので、あまり細かいことは気にせず、ささっとまいていきましょう。
プランターにまいたサニーレタスのタネ
サニーレタスのタネはとても小さいので、うすく土をかけるようにしましょう(*^▽^*)!!
土をかけたら、プランターの底から流れ出すまで、たっぷりとお水をあげます。
たっぷりとお水をあげたサニーレタスのタネをまいたプランター

まとめ

今回は、ちょっとした土壌改良はしましたが、もとからある土をそのまま使ってサニーレタスのタネをまく方法を紹介しました!!
くん炭や元肥は足しましたが、培養土はそのままです。
このまま順調に育ってくれれば、土を入れ替える事もなく、肥料を足していくだけで野菜を栽培出来るので、費用も抑えられるし、土の処分に困ることもありません(*´▽`*)

また、サニーレタスは、柔らかくて美味しく、非常に作りやすい野菜としても人気で、プランターでも簡単に栽培できるので、皆さんもチャレンジしてみましょう♪
収穫したサニーレタス

新鮮採れたて水菜の豚バラ巻き簡単レシピ!!

大きく成長してきた無双白菜夜のベランダ菜園観察ツアー!!すき間時間を有効活用!

関連記事

  1. ベランダ菜園のプランターで収穫したきゅうり

    きゅうりをプランターで育ててみよう♪【収穫編】

    先日から、夏の野菜「きゅうり」をベランダ菜園のプランターで栽培しています(^…

  2. 収穫したばかりのはつか大根を手に持つ様子

    寒い冬でも大丈夫♪はつか大根(ラディッシュ)の育…

    はつか大根(ラディッシュ)って、冬でも防寒対策をしっかりすれば、美味しいラデ…

  3. 綺麗に洗ったどんぐり

    どんぐりでマルチング♪野菜の防寒&防草対策に使っ…

    どんぐりを使って、防寒対策が出来るって知ってましたか(*^^)v?防寒対…

  4. 発泡スチロールミニブロックに乗せたプランター

    プランターの足回りを快適に!!

    プランターの底の通気性ってどうなっているの?だいぶ涼しくなってきたとはい…

  5. 植え替えをしたサニーレタス

    サニーレタスを別のプランターに植え替えしてみよう…

    プランターで栽培している野菜の植え替えってどうしていますか(*´ω`*)?…

  6. カメムシのイラスト

    カメムシ対策はミント!!誰でも簡単にできるおスス…

    ベランダを使って菜園や洗濯物を干している方も多いと思いますが、秋口になると悩…

  7. 土の中から出てきたじゃがいも

    じゃがいもをプランターで栽培♪【収穫編】

    「じゃがいも」って、家庭菜園のプランターで育てられるってご存じですか(*''…

  8. サラダ京水菜のタネ

    サラダ京水菜は連作出来る?!収穫後に2回目の種ま…

    サラダ水菜といえば、畑栽培はもちんのこと、プランターで栽培出来る野菜として、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プランターで栽培するブロッコリー
  2. プランターで育てるサラダ京水菜
  3. プランターに植えた白菜の苗
  4. しっかりと使っていい色合いの自家製梅干し
PAGE TOP